futurevoice

FutureVoice Crayonの特長

様々な機器へ搭載可能

省リソース・モバイル環境でDNN音声合成

区分 CPU/OS 例 ROM/RAM(*) 音声

小型機器
(固定小数)
ARM9 / Linux 10M / 30M
Lexra RLX5281 / Linux 10M / 40M

スマートフォン
(浮動小数)
Cortex-A* / Linux 10M / 40M
Cortex-A* / Android 20M / 45M

サーバ
x86 Server / Cent OS

※ROM/RAMは1,000文字合成を想定

音声の発声時間と連動した動作や動画表現

サンプル音声

製品に関するお問い合わせ