futurevoice

製品ラインナップ

FutureVoice Crayon Server MRCPオプション

MRCPに準拠したIVRとの接続を容易にするサーバオプション

特長

MRCPv2について

Media Resource Control Protocol Version 2(RFC6787

音声合成や音声認識などの音声制御を実現するための技術標準としてInternet Engineering Task Force(IETF)が公開している仕様です。

他の標準仕様(プロトコル)と連携して利用します。
- SIP(RFC3261:セッション制御)
- SDP(RFC4566:メディア・NW・端末能力等のセッション情報交換)
- RTP(RFC3550:音声メディアパケット)

通常、MRCPを処理する機能(MRCPサーバ)のバックエンドに音声処理リソースが配置され、IVRなどのクライアントからの音声制御要求をMRCPサーバがシンプルなインタフェースで受け付けます。

サービスイメージ

コール振分ソリューション(当社製品「CTBASE/Intelligent Router」)と連携した利用例

動作条件

MRCPサーバ
CPUクロック 2.6GHz以上
CPUコア数 4コア以上
メモリサイズ 16GB以上
HDD容量 8GB以上の空き容量
ネットワーク 1Gbps以上を推奨
その他 Dockerが動作する環境
MRCPv2対応メソッド
Generic Methods SET-PARAMS
GET-PARAMS
Synthesizer Methods SPEAK
STOP
BARGE-IN-OCCURRED
DEFINE-LEXICON
Recognizer Methods DEFINE-GRAMMAR
RECOGNIZE
START-INPUT-TIMERS
STOP

ご利用料金について

サンプル音声

製品に関するお問い合わせ