futurevoice

活用事例

メディアオーパスプラス様 Media Opus Contents+

概要

メディアオーパスプラス様が提供する映像制作サービス「Media Opus Contents+(メディアオーパスコンテンツプラス)」にFutureVoice Crayonが利用されています。「Media Opus Contents+」は、講義・講演、企業研修、技能教育をはじめ、採用・研修時の先輩インタビューなどの映像化に特化した、学びの映像制作サービスです。
▸Media Opus Contents+の詳細はこちら

利用例

FutureVoice Crayonの感情音声や外国語を含む豊富な話者ラインナップから、お客様のご要望に応じた話者を提供しています。また、FutureVoice Studioを利用することで、音の高さ・速さ・抑揚・間などを的確に調整して、映像イメージに沿う音声コンテンツ制作を実現しています。

導入効果

  • ナレーション挿入の案件の機会損失を削減し、より多くの案件を受注することが可能になりました。
  • 専用機材の準備や収録場所の確保など、収録に掛かる費用や調整の手間を低減し、短期間でのコンテンツ制作を実現しました。
  • 突発的な音声の修正や差し替えにも、迅速な対応が可能になりました。

サンプル音声

製品に関するお問い合わせ