futurevoice

活用事例

NTT東日本様 ロボコネクト

概要

NTT東日本様の「ロボコネクト」は、ロボット型の通信端末(コミュニケーションロボット)向けのクラウド型ロボットプラットフォームサービスです。
コミュニケーションロボットの声(音声合成)として「FutureVoice Crayon」が採用されています。

利用例

ロボコネクト」活用ソリューションの1つの「オリジナルロボットソリューション」は、企業独自のコミュニケーションロボットを製作し、プレゼンテーション・見学案内・会社PR・受付等でご活用いただけるサービスです。
オプションサービスとして「FutureVoice Crayon CustomVoice(カスタムボイス)」のサービスを利用することにより、オリジナルロボット独自(本人)の声を再現することすることができます。

導入効果

  • 企業独自のオリジナルロボットに対し、音声収録が不要になり、会話内容を自由自在に作成する事が可能になりました。
  • オリジナルロボットの声向けに所望の話者(発声者)を低コストで、自然かつ本人に近しい音声合成を実現しています。
  • 正確な読み方、使い易いGUIや充実した辞書機能により、ロボットの運用におけるコスト負担が軽減されています。

サンプル音声

製品に関するお問い合わせ