futurevoice

活用事例

ヴイストン株式会社様 コミュニケーションロボット Sota

概要

コミュニケーションロボット「Sota(ソータ)」は言葉や身振り・手振りを使かって自然な対話を実現するテーブルトップサイズのコミュニケーションロボットです。
質問された内容に対しての回答などを「FutureVoice Crayon」の音声合成を利用して行っています。

利用例

企業の受付・行先案内・プレゼンテーション対応・介護レクリエーション等、様々な所で利用されるロボットに対し利用形態に合った話者の選択や、会話内容を簡単に音声合成にて作成する事が可能です。

導入効果

  • キャラクターに合わせた独自の音声を作成することにより、可愛らしい製品イメージがさらに向上しました。
  • 「FutureVoice Crayon」による高度な音声合成機能により、コミュニケーションロボットに求められる「個性ある存在感」と「汎用機としての一般性」との両立を実現しています。

サンプル音声

製品に関するお問い合わせ